電話を掛ける

 

事業内容

建築物の足場工事が、わたしたちの主な事業です。
足場工事は高所での作業をより安全に行うための重要な工事です。
私たちは、足場工事・鳶工事・仮設工事を主体とし事業に取り組んでおります。

ワク組足場

ワク足場

足場工事の中でももっともオーソドックスな工法です。
枠組足場は、高い強度を保持し、耐久性にも優れています。

施工高さは原則地上45mまで可能で、高層のビル・マンション建設にも適用可能です。
建枠・ジャッキベース・交差筋違・脚注ジョイント・アームロック・鋼製布板・階段枠・梁枠・壁つなぎ・手すり柱 ・手すり・手すり枠を基本構成部材とした仮設足場です。

メリット ・強度が高い ・耐久性に優れている
デメリット ・高コストになりがち
オススメ現場 ・中高層ビル 他 比較的オールマイティに利用。
 

くさび足場

くさび足場

部材がユニット化されておりハンマー1本で組立出来るシンプルな構造で、簡単に施工できるため作業性の良い足場です。 「短工期」「適正コスト」「高い強度」「高耐久性」といった優れたメリットがあり、もっとも安全で高いコストパフォーマンスを得られます。

足場を設置する敷地が狭かったり、建物の形状が複雑でも、盛替え、組み替え作業が簡単にでき、建物の形状に容易に対応 出来る足場として使用されています。低中層建物への工事に適しおり、納期やコスト面からも主流の工法になっています。

メリット ・組立 ・解体が簡単 ・作業時間の短縮 ・人件費が削減 
デメリット ・現場によって設置できない場合がある
オススメ現場 ・戸建住宅 ・アパート・マンション ・店舗 ・工場などの中層物件

単管足場

単管足場

直径48.6mmの「単管」と呼ばれる鉄パイプを組み合わせて建てる工法です。
専用の緊結器具を用いることにより、足場を構成する足場用鋼管の接合位置や取り付け角度を自由に設定できるのが特徴で、縦横の幅がある程度自由に決められるため、他の足場が立てられない場所などに使用できます。

クランプを噛み合わせ、ボルトで締めることでパイプ同士を接続します。そのまま足場として使ったり足場板を渡すための枠組みとして使用する仮設足場です。

メリット ・狭い敷地でも設置が可能 ・高所にも適応
デメリット ・工期が長めになる ・高コストになりがち
オススメ現場 ・小規模な工事 ・狭いビルの間の工事 ・メイン足場の補助